シールテープの巻き方

ねじを切った配管や継手を繋ぎ合わせるときに使うもの

シールテープの正しい巻き方

シールテープの巻き方

シールテープは給水管や給湯管、空気管などの配管の接続部分のすき間を埋めるためのシール材のこのです。

配管と継手にはお互いにねじが切られているので、ねじ込む際にネジの部分に巻いて、液体や気体を通さないようにします。

シールテープの材料はポリテトラフルオロエチレン、テフロンと呼ばれるものです。

薄いテープ状にしてリールに巻かれた状態になっているので、使う際にはセロテープのように切って、ネジの部分に巻きます。

配管の雄ねじに巻き付けそのまま雌ねじに噛み合わせていきます。

シールテープの巻き方はねじの先端から少し開けて巻き始め、数回ねじの根元に向かって、シールテープが重なりあうように巻きます。

注意するのはねじ山に沿うように巻くことです。

逆向きに巻いてしまうとねじを噛み合わせていくときに、シールテープが取れてしまい、液体や気体の漏れを防ぐことができません。

配管の雄ねじに巻き付ける際に、先端から少し開けるのは、管内にシールテープが侵入するのを防ぐためです。

シールテープが管内に侵入すると、つまりの原因になります。

シールテープはねじを切った配管や継手を繋ぎ合わせるときには、必ず必要になるものです。

《 関連情報 》
宮城県管工業協同組合

Copyright (C) www.xasyh.com. All Rights Reserved.

シールテープの正しい巻き方